金型設計

最新鋭設備と情報技術と熟練人材の技の融合
先進的なCAD/CAM/CAEシステムで、金型デザインの最善を尽くす 

 

  金型の品質向上やリードタイムの短縮を図るため、精密な加工設備を採用しております。例えば、高速・高精度のMC/CNCフライス盤、ワイヤカット、二色射出機、超高速射出機、光学検査機器などを十分に活用しています。

  近年、品質や納期の短縮などに対するお客様の厳しいご要望にお応えするため、精密金型の製作は開発・設計、製造、テストなど、各工程の統合を図っています。特に金型の開発・設計はもっとも重要な工程で、設計部門における情報技術の適用を強化しております。各種のCAD/CAM/CAEソフトウェアを導入すると同時に、先進的なPRO/E、SOLID WORKS、POWER MILL/SHAR ソフトウェアも採用し、機構分析などに活用しています。

  同時に、金型の開発に当たって、モールドフロー(CAE)を利用して、金型の成形シミュレーションを分析しています。それで、後日の射出成形における事前に問題を予測し、その問題を改善することによって、完璧と言える金型の開発・製造を可能にします。